思い見る、調べる 成幸スピリチュアル

目で見えないもの、未知の場所、スピリチュアルな世界に人を成幸へと導くヒントがある。

未分類

【予見】元号が教えてくれる令和の予言!これから始まるスピリチュアルな時代 !

投稿日:

先日、5月の天皇即位に先立ち新しい時代の元号が発表されました。

日本中の人が注目したなか待ちに待った新元号は、
令和

元号に「令」という字が使われるのは初めてなのですが、「令」からは「命令」という言葉を連想する人が多く、発表直後のアンケート調査では「れい」という音とともに冷たい印象をもつ人が多いようでした。
私は日本の元号はその時代を象徴すると考えています。(詳しくはこちらの記事で)
そこでこの「令」という字をよくよく調べてみると、そこにはやはりこれからの時代を象徴するような、メッセージがあることに気付きます。

「令和」の由来

これまでの日本の元号は、中国の古典から引用され決められていたのですが、今回は初めて日本最古の和歌集、万葉集から出典されました。
一躍有名になったその和歌とは、「梅花の歌32首序」の一節です。

「時に初春の月にして、気淑(き.よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)く、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

これは天平二年の正月、太宰府の師である大伴旅人(おおとものたびと)宅で開かれた、梅花の宴の始まりにあたって詠まれた序文になります。

現代語訳にすると、

「季節は初春のよき月、空気は清く澄み、風は穏やかである。
梅は鏡の前でおしろいをのせたように白く花開く。
蘭は身を飾る香りのように薫っている。」

何とも平和で穏やかな情景と、梅の開花を祝う宴の始まりを連想させます。

余談ですが、この歌には梅の花ともう一つ、蘭の花(?)が登場します。
蘭といえば私は洋蘭のイメージが強いのですが、この時代(奈良時代)に生息していたと思われる蘭について調べてみると、ここで詠まれる蘭とは秋の七草の一つである「藤袴(ふじばかま)」を指しているようです。

原産は中国のようで「蘭草」ともいわれ、奈良時代に日本に渡来しました。
桜餅の葉のような匂いで、広く親しまれていたようです。
藤袴は秋の草なので、実際この宴の席で咲いていたのかは不明ですが、その良い香りは香水や香料などの原料に用いられていたのかもしれません。

この長い歴史のなかで、初めて日本の書物から抜粋された「令和」の文字。
初めて用いられる「令」という字。
そこから何が見えてくるのか、もっと深く探ってみます。

「令」という字の意味

「令」という字を調べると、この一文字にたくさんの意味があることが分かります。

➀いいつける。命じる。いいつけ。(令状.命令)
②のり。決まり。おきて。(訓令.法令)
➂おさ。長官。(県令)
④よい。立派な。褒め言葉として用いる。(令月.令名)
➄他人の親族に対する敬称。(令息.令嬢)

総合するとこの字には、善き事、物、人への尊敬の念が込められていることが分かります。
また「令」という漢字は、人を集める、または頭上の冠を表すひとがしら「へ」の下に、ひざまずく人の象形文字で成り立ちます。

「令」を名詞として使うときには、

  • 神のお告げ
  • 君主の命令
  • 上位者の指示

などの意味があるようです。

一般に命令とは、
「上位の者が下位の者に言いつけ、従わさせる」
というような意味で解釈されています。

けれど漢字の由来や成り立ちをみていくと、もっと深い意味合いがあることを知りました。

「命」という字は「口」の横に「令」と書きます。
この「口」の由来である象形文字には人間の口だけでなく、神様への祈りの言葉、祝詞を入れる器の意味もあり、「口」の横に神のお告げを表す「令」で成る「」は、

  • 神のお告げを言葉にするもの。
  • 神の言葉を与えられた器。

という意味になるのです。
深いですね~😊

私たちは誰かに命令されると、それが会社の上司からでも例え親からであっても何となく反発したくなってしまいます。
それは、「命の令」を下せるのは本来、自分だけだと知っているから。
「命令」とは高次の自分、ハイヤーセルフからの命のお告げなのです。

これまでも、世界各地で多くの自然災害が起こり、多くの被災者が逃げ場のない苦しみに、立ち向かわなければなりませんでした。
震災で亡くなった人、遺された人、彼らの魂は自らの体験をもって、人類に愛を教え愛を引き出させるためのお役を決めてきた者たちです。

何度も輪廻を繰り返し、人間の学びも卒業間近という魂が多く、だからこそ人の心に強烈な影響を与えるという、強い魂でないとできない経験を選んだりするのです。

そして、地上で暮らす私たちの誰もが、災害に遭う可能性を自らの魂のなかに持っています。
自らが決めてきた命の令は、使命ともいえるのです。

新時代の序章「0話」

発表直後多くの人が冷たい印象をもった「令和」ですが、聞きなれると「上品・綺麗」という声も多く、イメージも良くなっているようです。

けれどやはり今までの元号とは異なる、クールな印象が目立ちます。
「無機質」と表現される人もいましたが、見方を変えれば洗練された美しさ、格好良さがあるかもしれません。

平成時代、多くの物事がスマートにまたフラットに進化してきました。
それらの進化は令和時代で、更に洗練されたものになるでしょう。
そして洗練されるのは、物質的なものだけとは限りません。

明治の改革から150年余り特に第二次世界大戦後、日本は破竹の勢いで進化、発展しました。
この進化のスピード、時代の流れに乗ろうと、私たちは必死についていくしかありません。

そして、「令和」で起こるこれからの大変革は、私たち日本人にとっても、今までの時代とは比べものにならない節目になると、いわれています。

昭和で敗戦した日本は、その後アメリカの介入のなか経済成長の波に乗りました。
大人が作った常識は、決められた箱の中での競争社会。
高学歴が幸せの条件となり、個性的な人は叩かれ、多数決で善悪が判断された時代です。

平成でバブルが弾け、人々は気づきました。
どんな道にも社会にも保証されたものは無く、あるのは個人の責任だけです。
個性的な人が良い意味で注目され、物質的豊かさと精神的豊かさは比例するという考え方を、発信する人たちが増え始めました。

そして新時代を迎える現在、テクノロジーの発達で、知能をもつ機械たちが一般社会にも姿を現しています。
これからの私たちの生活は、人工知能AIと共存することになります。
そして数十年後には、生身の労働者に変わり人工知能が殆どの会社に導入されることでしょう。

では、この知力体力ともに優れた彼らに対し、私たち生身の人間は何を力とすればよいのでしょうか。
私はそれこそが人間のもつ愛や精神性、スピリチュアル的なものになるのではないかと思うのです。

645年初の元号「大化」から数えて248番目になる新元号「令和」。
従来とは異なり、初めて出典された日本の書物(万葉集)からの、初めて引用される「令」という字。
それが「梅花の歌」、序(始まり)の一節であること。

言霊で「令」は、「霊」であり「0」でもあります。
転換していく「霊輪(れいわ)」の時代、この新時代の序章「0話」が始まる。

そして、洗練された個々のスピリチュアル性は、これからの人類に大いに役立つことでしょう。

「令和」に隠された都市伝説

新元号発表後のTwitterでは、
「令和18年生まれは、生年がR18になる⁈」
という声が多く、「令和18年、R18」が世界のトレンドで2位になりました。

日本語のら行は、「L」ではなく「R」で表記されるため仕方がないのですが、私は反対に、特別感があって面白いなと思ってしまいました。
当事者の立場になってみると、複雑かもしれませんが😅

さて、この頭文字である「R」には、隠されたメッセージがあるようです。
令和について、早くもたくさんの都市伝説が飛び交っています。
そのなかの一つを簡単にまとめました。
都市伝説、苦手な方は、ここでストップしてくださいね😊

エジプト神話の中でも、最も古く偉大と言われる天空の神ホルスは、ハヤブサの頭部をもつ神です。
令和の頭文字「R」は、このホルスの左目のシンボルと同じ形をしています。

そしてこのホルスの目は、人の脳の真ん中にある松果体という器官の形をしていて、第三の目を表しているといわれています。

(詳しくはこちらの記事で)

またホルスの左目は、「プロビデンスの目」とも呼ばれています。

プロビデンスはキリスト教の摂理という意味で、その目は全知全能の神の目を表す。
時に光背や、三位一体の象徴である三角形と組み合わされて用いられる。

ドル紙幣にも描かれているこのピラミッドに目(プロビデンスの目)は、都市伝説でも有名な、フリーメイソン(イルミナティ)のシンボルマークの1つでもあります。
フリーメイソン(イルミナティ)とアメリカの関係については長くなってしまうので、興味のある方は調べてみてください。

世界を裏から牛耳っているといわれる、フリーメイソン(イルミナティ)の掲げる思想理念が、「New World Order(ニューワールドオーダー)」。
新世界秩序です。

元々は人類の平和、平等、秩序を願って掲げられたこの理念は、組織の拡大と勢力に伴い、今では個の利益や支配欲が強調され、自己実現のためには手段を選ばない。

これまでの大きな歴史的転換期の裏には、フリーメイソンが関わっていて、世界で起こる出来事には全てシナリオがある。

そんな漫画のような陰謀論が都市伝説として語られていますが、世界の真実として、あながち嘘ではないように感じています。

そんなフリーメイソンのピラミッドの目を、建国から国章として紙幣に使うアメリカ。

終戦後、アメリカの属国といわれるようになった日本。
日本とアメリカは見える部分では友好的ですが、日本はアメリカの支配下にあります。

日本の紙幣にもプロビデンスの目は隠されるように刻まれていますし、国会議事堂を上空からみると、フクロウ(イルミナティの象徴)に見えるなど、これらは獣がマーキングするように、日本のあちこちで見られます。

今回、日本の天皇が生前退位されるのは200年ぶりのことです。
そして新天皇が即位される、5月1日。
5月1日は世界でメーデーの日(労働(者)の日)ですが、イルミナティ創設の日でもあります。

これは偶然なのでしょうか。
それとも、支配者のマーキングなのでしょうか。

エジプト神話では、天空の神ホルスの右目(ラーの目)は太陽、左目(ウアジェトの目)は月を現します。

太陽を現す右目(ラーの目)は、怒り、暴力、破壊力など攻めの力。

月を現す左目(ウアジェトの目)は、癒し、修復、再生など守りの力。
そして、全てを見通す全能の力を象徴します。

イルミナティのプロビデンスの目は、この左目を用いているので、月という天体も1つのマーキングかもしれません。
そして月もまた謎多き天体として、いくつかの都市伝説で語られています。

月は満ち欠けはしても、地球に対して常に同じ面、表の顔しか見せません。
なので裏側で何が起こっていようと、地上の私たちからは見ることが出来ない。
もしもその見えないところに隠された真実があったとしても。
そこで地上の人間を監視する何かの目があったとしても、私たちがそれを知る術はないのです。

令和の「令」は、和歌で詠まれた令月の「令」。
ここでも月が出てきます。

そして、陰暦で令月は2月にあたり、水瓶座の月になります。
まさにいま、地球は魚座の時代から水瓶座の時代へと、移行する大きなタイミングを迎えています。

娯楽的要素も含む都市伝説は、スピリチュアル性、不確かななかにも何か真実めいたものがあり、知りたい人の好奇心を刺激します。
不確かではありますが、それが真実ではないという証拠もありません。

なので、信じるか信じないかは、あなた次第なのです!笑

令和へ

日本の元号が変わるタイミングで、これまでも世界各地で歴史的な変動が起こりました。

日本と世界の転換期が符合することは、日本が世界の雛型と言われていることと重なります。

どんどん進化していく文明のなかで、私たち人間の精神性も進化しなければ、ただ時代に流されているだけでは危険です。

自然災害も含め、何が起こるか分からない世の中です。

たとえ目に見えなくてもその裏側、隠されたものを見抜く目(第三の目)を養うこと。
真実はメディアや大衆のなかには無く、全ての答えは自分の内にあります。

一人一人の内なるスピリットが解放され、たくさんの大和の花が咲く美しい時代になることを願ってやみません。

 



-未分類

執筆者:

関連記事

12星座の順番と人の一生には不思議なシンクロがあった!星座から相手の本質が分かります!

星占いの12星座は、天球上の太陽の通り道(黄道)に沿って並ぶ12個の星座、黄道12星座です。 牡羊座 牡牛座 双子座 蟹座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍座 射手座 山羊座 水瓶座 魚座 これら12星座を …

【巨人】は実在した⁈ 地球に隠された巨人の痕跡!

巨人のお話といえば、「ジャックと豆の木」、「ガリバー旅行記」などが有名です。 アニメ好きなら、「進撃の巨人」も忘れてはなりません😊 お話によって巨人像は違いますが、大体が悪役、人間の敵 …

宇宙人が関与していたかもしれない⁈人類起源と古代文明の謎

人類の進化にはダーウィンの進化論が有名ですが「人間は猿から進化した」というもので、基本的に「猿」→「猿人」→「原人」→「旧人」→「新人」の進化過程がその説です。 今まで当たり前のように信じられてきた進 …

朝型生活VS夜型生活、あなたはどちら? 快適な生活は睡眠の質で決まる!

突然ですが、あなたは朝と夜どちらが元気ですか? 私たちの生活は環境や関わる仕事などに合わせてパターンが決まると思いますが、もしも何も縛りがなく自由な生活ができるとしたら、朝型、夜型どちらの生活が快適で …

仕事選びに一番大切なこと!童話が教えてくれる、人生が豊かになる働き方!

「あなたが生きていくために、一番必要なものは何ですか?」 家族や友達、ペット、健康な体…。 空気とかはちょっとひねくれた答えですが、まぁ色々あると思います。 ですが、殆どの人が真っ先に思うのは、あえて …

カテゴリー

はじめまして。

ミルベルこと、美祐と申します。

波乱万丈の人生で辛い時迷った時、探し求める答えはいつも、スピリチュアルな世界にありました。

分からないことを調べること、知らないことを知ることはとても楽しく、人間だけに与えられた特権のように思います。

当サイトでは、個人的に興味ある対象をスピリチュアル観点を交えながら、探り調べていきます。

同じ感性の人の情報になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。