思い見る、調べる 成幸スピリチュアル

目で見えないもの、未知の場所、スピリチュアルな世界に、人を成幸へと導くヒントがある。

未分類

【古事記って面白い!】知ってほしい日本の神さま➀宇宙の始まり、天地創造の神さまたち

投稿日:

新元号「令和」で一躍有名になった「万葉集」は日本最古の和歌を集めた書物ですが、日本にはもう一つ最古の歴史書といわれる「古事記」があります。

天智天皇の時代、元々あったといわれる「天皇記」など多くの歴史書は、火事によってそのほとんどが失われてしまいました。
そこで弟である天武天皇は、焼けた「天皇記」に変わる国史の編纂を命じられました。

舎人、稗田阿礼(ひえだのあれ)は見聞きしたものを即座に記憶し、言葉にするという特性の持ち主でした。
記憶力の良さを見込まれた稗田阿礼は、この編纂を太安万侶(おおのやすまろ)と共に手掛けましたが、天武天皇の突然の死により中断を余儀なくされたのでした。
しかし711年元明天皇の命によって再開され、三十年の長き時を経て西暦712年古事記は成立されました。

上・中・下の3巻からなるこの歴史書は、「上つ巻」は天と地と国土の始まり、日本の神代(かみよ)のお話。
「中つ巻」は初代神武天皇から15代応神天皇までの、神代から人代へ天皇が日本を統治していくお話。
「下つ巻」は16代仁徳天皇から33代推古天皇までのお話と、構成されています。

主に日本の始まりと天皇の歴史を綴った「古事記」ですが、特に注目されるのが上つ巻神代(かみよ)のお話です。

ここに登場される神さまたちですが、「え⁉神さまなのにそんなことするの?」みたいなお話がたくさん出てきます。
ある意味人間臭さを感じさせる神さまたちの振る舞いに、何か親近感が湧いてしまうのは私だけでしょうか。

そして古事記は真理と謎めいたものが混在する、実に興味深い書であることに気付くのです。

 

造化三神(ぞうかさんしん)

この世の始まりに三柱<(みはしら)神様は‟人”ではなく‟柱”で数える>の神さまが現れ、同時に高天原<(たかまはら)天.宇宙>が誕生しました。

この三柱の神さまたちを造化三神(ぞうかさんしん)といい、独神<(ひとりがみ)単独で誕生した性別のない神>として現れ、すぐにその姿を隠してしまわれました。

空(くう)に突如として現れたのは、天之御中主神(アメノミナカヌシのカミ)です。

この神さまはその名の通り天.宇宙、全ての中心の神さまです。
それは宇宙だけでなく、私たちの生活におけるあらゆる原動力の中心です。

ビッグバンにより誕生した宇宙のエネルギーは、今でも膨張.拡大しているといわれています。
宇宙の始まりを意味し、全エネルギーの本源を司る神さまです。

アメノミナカヌシはこの世の始まりに一度現れたきり姿を隠された後は、古事記の中に一切登場されません。

それはこの世界の全てのエネルギーの中心には、見えなくても大いなる神の意志が存在していて、その本質は常に隠されているということを物語っているように思えます。

次に時同じくして現れたのが、高御産巣日神(タカミムスビのカミ)です。
別名、高木神(タカギのカミ)とも呼ばれます。

日本の最高神であり天皇の皇祖神でもある天照大御神(アマテラスオオミカミ)の孫、瓊瓊杵尊(ニニギのミコト)が葦原中津国<(あしはらのなかつくに)日本のこと>を統治するため天孫降臨をされた際に、一番熱意をもって指揮されたのがタカミムスビです。
またいつもアマテラスを助け、天の指令は必ずタカミムスビに一度通されることから、本当の日本の最高神.皇祖神はタカミムスビであったともいわれています。
これらからタカミムスビは、天の神、皇祖神でもある高天原系の生成神になります。

この神さまは重力を司り、引き寄せる力で膨張するエネルギーの勢力にブレーキをかけ秩序を保ちます。
この宇宙の全てに、存在と居場所を認める神さまです。
広い宇宙のなか無数にある天体たち同様、この地球もそこに住む私たち一人一人全てが、タカミムスビが存在と居場所を認めた生命なのです。

また次に時同じくして生まれたのが、神産巣日神(カミムスビのカミ)です。

カミムスビはアマテラスの弟である須佐之男命(スサノオのミコト)が高天原を追放された時、スサノオが殺してしまった穀物の神さまオオゲツヒメから生まれた穀物を回収し、その種を地上に蒔いたとされています。
また兄弟に殺された大国主神(オオクニヌシのカミ)の命を2度にわたって蘇らせ、国造りの際にはカミムスビの息子スクナヒコナにその手伝いを命じます。
そして日本書紀では国譲りの後、出雲大社の造営をカミムスビが全国の神を集め指揮したとされています。
これら記述からカミムスビは黄泉の国、幽界を含む日本の地の神、出雲系の生成神になります。

この神さまはあらゆる事物を創造する素粒子の元を司り、タカミムスビに認められたエネルギーの存在を形作る力です。
私たち人間の意識にも宿るカミムスビの力は、創造と表現の源なのです。

タカミムスビとカミムスビの「ムスビ」とは、息子.娘の「ムス」であり日本国歌に出てくる「苔の生(む)すまで」の「ムス」でもあります。
生成するという意味があります。
また「生す(ムス)」+「日(ビ)」で太陽神を表すとされています。

高天原から日本の地への進出として、天孫降臨を指揮する男性的要素を含むタカミムスビと、日本の地に穀物の種を蒔き出雲の国を助けたりと、地母神のような女性的要素をもつカミムスビですが、性別をもたない独神でありながらこういった男女像があるのは、象徴.属性の対比としてです。

宇宙は大いなるエネルギーの中心と、この二柱の「結び(ムスビ)」によって存在.創造されているのです。
この世界を創った三柱の神さまたちのうち、一柱でも欠けていたらこの世は成り立たなかったでしょう。

しかし不思議なのが造化三神から語られる、このような宇宙の本質や概念を古代の人がなぜ発想できたのか、ということです。
神さまという存在から本当に語り継がれた証なのでしょうか。
そういった視点を交えると、古事記にはまたさらに違ったミステリー要素が含まれるのです。

 

別天津神(ことあまつかみ)

造化三神が現れた後、水面をクラゲが漂うようなまだ混沌としていた宇宙に現れたのが、次の二柱の神さまです。
この二柱の神さまも独神であり、現れた後すぐにその姿を隠されました。

造化三神と合わせこの五柱を別天津神(ことあまつかみ)といいます。

先に現れたのは宇摩志阿斯詞備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂのカミ)です。
この神さまは生命の元、生命の活力を司ります。
素粒子を結合させる力で物事を実現させる法則の神さまです。

別天津神の最後に現れたのは天之常立神(アメノトコタチのカミ)です。
この神さまは高天原に常に存在され、天の永続を司ります。
天と地、星と星など、一定の距離感とリズムを保つ法則の神さまです。




 

神世七代(かみのよななよ)

別天津神である五柱の神さまが現れた後、続いて七代に渡り生まれた十二柱の神さまたちです。

これまでの五柱は、天界の成り立ちや宇宙の法則を現わされた神さまでしたが、この後現れる十二柱は、地上における自然の成り立ちや陰陽の法則を現わされる神さまです。

天常立神(アメノトコタチのカミ)に次いで現れたのは国常立神(クニノトコタチのカミ)で、天常立神の天に対して国常立神は国土に常に存在され国の永続を司ります。
大地を支える根源であり、地核であり「陽」の法則をもつ神さまになります。

次に現れたのは、豊雲野神(トヨクモノのカミ)です。
字の如く豊かな雲を表し、天とはまた違う地に対しての空を司る神さまです。
豊かな雲は雨水となり地上の命を育みます。
そういった性質から「陰」の法則をもつ神さまになります。
これら陰陽の法則をもつ二柱も共に独神で、生まれてすぐ姿を隠されました。

これまでの神さまは全て性別のない独神で、現れてもすぐに姿を隠しました。
しかしクニトコタチとトヨクモノから現れた「陰陽の法則」で、その後次々と男女の神さまが生まれます。
二柱で一代になる神さまです。

宇比地邇神(ウヒヂニのカミ)と妹の須比智邇神(スヒヂニのカミ)は、泥と土砂を司り大地の土壌を表します。

次に生まれたのが、角杙神(ツノグイのカミ)と妹の活杙神(イクグイのカミ)土壌に杭を打ち込んだ様子を表すようです。

そして続く意富斗能地神(オオトノジのカミ)と妹の大斗乃弁神(オオトノベのカミ)は、素晴らしい男性、素晴らしい女性という説。

続く淤母陀琉神(オモダルのカミ)と妹の阿夜訶志古泥神(アヤカシコネのカミ)には、男女の愛の告白という説。

これらペアの神さまには諸説ありはっきりとはしていません。
しかし聖書でも
「アダムは土から作られ、その鼻から神の息を吹き込まれ生命を宿した」
とあるように、生命は土から生まれるという古代の考え方だったのかもしれません。
そういったことから土壌は子宮を、土壌に杭を打つ様は男女の性の交わりを、そして雄(オス)雌(メス)の本質的な存在から人間の男女としての相手を敬う精神性の成長を、神格化したものともいえるのです。

そして神世七代の最後、伊邪那岐神(イザナギのカミ)と妹の伊邪那美神(イザナミのカミ)が誕生しました。

イザナギとイザナミのイザナは「誘(いざな)う」という意味があり、ここに誘い合い結ばれ生みだすという、人間の男女の原型が現れたのです。

 

続きはイザナギとイザナミ*国生み.神生み編へどうぞ

 

 



-未分類

執筆者:

関連記事

7つのチャクラが全開すると人生の全てが好転する!

チャクラという言葉は古代インドから伝わるサンスクリット語で、円.車輪.轆轤(ろくろ)という意味です。 チャクラは人の生命や精神、肉体の調子をコントロールしています。 このチャクラを活性化して思うように …

嗅覚で生きる!「におい」が人生を左右する⁉

人間の体には感覚というものがあります。 それにより外界の物を感知し、自分にとっての善悪を判断しながら生きています。 体が感じる主な感覚として5つの感覚を「五感」と言います。 1.視覚…目で物を見る感覚 …

食べながら痩せたい!食べてもリバウンドしない!3つの食べ方改善

現代人の老若男女問わず頭を悩ますダイエット。 女性はいくつであっても美しくありたい生き物です。 ついつい食べ過ぎては頭をよぎる、ダイエットの文字。 また健康診断などで医者から減量を薦められたことがある …

朝型生活VS夜型生活<快眠生活 快適な生活は睡眠の質で決まる!

私たちの生活は環境や関わる仕事などに合わせてパターンが決まると思いますが、もしも何も縛りがなく自由に生活できるとしたらあなたは朝と夜どちらの方が元気ですか? 朝型、夜型どちらの生活が快適で自分に合って …

あなたにも訪れる幸せのメッセージ!ラッキーサインを見逃さない!

先日たまたま見上げた夜空に流れ星を見つけました。 流れ星は「幸運の予兆」とも言われ 「流れ星を見つけたら消えてしまう前に願いを3回唱えれば叶う」 とは有名な話ですが、実際には見つけた瞬間にすぐ消えてし …

はじめまして。

管理人のミルベルと申します。

波乱万丈の人生で辛い時迷った時、探し求める答えはいつもスピリチュアルな世界にありました。

分からないことを調べること、知らないことを知ることはとても楽しく人間だけに与えられた特権のように思います。

当サイトでは興味ある対象をスピリチュアル観点を交えながら、探り調べていきます。