思い見る、調べる 成幸スピリチュアル

目で見えないもの、未知の場所、スピリチュアルな世界に人を成幸へと導くヒントがある。

宇宙

水瓶座時代!あなたは新しい時代をどう生きる?【宇宙カレンダーその2】

投稿日:

いまも記憶に新しいノストラダムスの終末予言やマヤ暦の人類滅亡説。

ノストラダムスの大予言では1999年7の月、マヤ暦では2012年12月21日に、世界は終わるのではないかと騒がれました。
しかし今も人類は存続していて私たちの世界は続いています。
長きに渡り語り継がれてきた予言は、幸い外れたかのように見えます。

ではノストラダムスやマヤの予言と言われるものは一体何だったのでしょうか。

こういった予言には必ず太陽や月、星座など惑星の配列が関係します。
ノストラダムスは占星術師でしたし、マヤ暦の基にあるのも宇宙のリズム。
両者に共通するもの、それは宇宙のサイクルを予見していたということでした。

歳差(さいさ)運動

歳差運動を知っていますか?
私は覚えがないのですが(^_^;)小学校で習うようです。

興味をもって調べてみると、これまたよく出来た宇宙の地球設計図にワクワクします。

地球は北極点と南極点を結ぶ中心を軸に自転しています。
肉団子の中心に串を差して、その串を軸に肉団子がグルグル回っている状態です。
この軸を地軸といいます。

地軸は約23.4度の傾きで、太陽の周りを公転しています。
地球儀を見るとよく分かると思いますが、少し斜めに倒れています。
この傾きがあるおかげで地球には、美しい四季が訪れます。


出典:https://blog.miraikan.jst.go.jp

地球は一日(24時間)をかけて自らを一回転させ、一年(365日)をかけて太陽の周りを一周しますが、そこにはもう一つある運動が加わります。
それが歳差運動という、回転運動なのです。

ウィキペディアから

歳差(さいさ)または歳差運動とは、自転している物体の回転軸が、円を描くように振れる現象。

肉団子に差した串でいうと、傾きのない真っすぐの状態で串を回しても上先端は一点を回るだけです。
しかし串に傾きを保ったまま回すことで、上先端は大きく円を描くように回転します。
これは軸が斜めになって回るコマの仕組みと同じです。

回転する地軸により、地球の春分点は少しずつ宇宙の12星座を円を描くように移動していきます。
ざっくりと言えば地軸の先が12星座を順番に指し示していくのです。

12星座を一回りするそのサイクルは約2万6.000年。
1つの星座を約2.200年ずつかけながら移動します。

現在、地軸は魚座から水瓶座へとその指標を変えたと言われています。
まさに2200年ぶりの大移行です。



ギザの大ピラミッドとスフィンクス

ギザの三大ピラミッド(クフ王.カフラー王.メンカウラー王)とそれに隣接するスフィンクスは、世界でも最も古く、エジプトのシンボルとも言える建造物です。

一般に古代エジプト王の墓として知られていますが、本当は何のために造られたのか、またどうやって造られたのか。
科学が発達している現代においても、未だちゃんとした解明はされていません。

私が何か不思議なものを探っていくと、いつもたどり着くのは宇宙の存在です。
それはピラミッド、スフィンクスにおいても然りでした。
ここにも宇宙のサイクルは隠されていたのでした。

宙を流れる天の川を、地球(エジプト)を流れるナイル川と符合させてみます。
すると、その位置関係からギザの三大ピラミッドはその配列や大きさなどが、オリオン座のベルトと言われる三ツ星とピタリとリンクします。

ピラミッドは通常4面の三角形から出来ていますが、クフ王のピラミッドは8面の三角形で出来ていて、普段は分かりにくいのですが年に2回だけはっきりとその姿を見せる日があります。

年に2回、太陽が真東から昇り真西に沈む日。
春分と秋分です。

春分は宇宙元旦とも言われ、春分点と地軸の関係は歳差運動にもあるように時代の流れを教えてくれます。

そしてこの時、スフィンクスが見ているその先には何があるのでしょうか。

スフィンクスは人の顔に獣の身体という個性的な姿をしていますが、これは水瓶座のシンボルである水瓶を持った美少年ガニメデスの顔に、獅子座のシンボルであるライオンの身体を合体させたもので、宙の12星座のなか水瓶座とその対角線上に位置する獅子座を表しています。

そしてスフィンクスの視線の先に水瓶座と獅子座が来るとき、地球では大変動がもたらされるといわれています。
水瓶座の時代には主に地球の精神性の部分が、獅子座の時代には主に地球の本質的な部分が、揺れ動かされるようです。
その周期もやはり歳差運動と同じ26.000年。
水瓶座と獅子座で分けると13.000年おきです。

恐竜が絶滅した時期、ムー大陸やアトランティスが消滅したとされる時期もこの周期に当てはまるようです。
それは進化の過程であり、スピリチュアルで言うところの地球がアセンションを試みるタイミングなのです。

絶滅したとされる恐竜も、その一部獣脚類は生き残り、現在の鳥へと進化したと言われています。
進化を許された一部の恐竜たち。
都市伝説でよく言われる「人間選別」ならぬ「恐竜選別」か?なんて思ったり(^_^;)

しかし地球の歳差運動を現した宇宙カレンダーともいえるこのモニュメントたちは、これまでなぜ王の墓としてカモフラージュされてきたのでしょうか。

星の位置関係や太陽の軌道を正確に知り、寸分の狂いなく地上に現した高度な技術。
調べれば調べるほど人間が造ったものとは思えなくなります。
宇宙人の建造物と言われる人も多くいますが、私もその方がしっくりときます。

最近になって、これまで否定されていたUFOの存在を政府が公認したことは驚きでしたが、UFOが存在するということは地球外生命体も居るということですよね。
ピラミッド宇宙人建造物説も、あり得る話です(^^)

そして現在スフィンクスは、水瓶座を見ています。



水瓶座時代

時代は指標となる星座の特徴を色濃く映し出すといわれます。

キリスト生誕から2020年、その少し前から地球は魚座の時代でした。
ちなみにキリストのシンボルマークは魚で、ギリシャ語でイクトゥスといいます。

英語ではジーザスフィッシュ、クリスチャンフィッシュとも呼ばれます。

なぜ魚のモチーフなのか。
その大きな理由の1つに、やはりイエスが生まれた時の春分点が魚座にあったことが関係しているようです。

それでは、これまでの魚座時代の特徴をみてみましょう。
魚座の守護星海王星は「現実離れしたもの」を象徴する星です。
キーワードは、「夢見がち」、「理想」、「共感」、「信仰」、「依存」、「奉仕」など。

権力を持った者から成り立つピラミッド社会、常に支配と従属が伴う階層社会だった魚座の時代。
物質に価値を置き、それにより人々を束縛しました。
一方で金銭ではない奉仕の精神性は、人徳の高さと評価されました。
しかし行き過ぎた信仰心は宗教の壁を作り、それが争いの火種を生みます。
植え付けられた社会の理想、そんな見えない大きな仕組みのなかで、人類は夢を見さされていたのかもしれません。

そして今、時代は水瓶座へと移行しました。

「変革.改革」の星と言われる天王星を守護にもつ水瓶座。
水瓶座の時代には、大変革が起こるとされています。
キーワードは、「自由」、「独創性」、「変革」、「自立」、「博愛」、「インターネット」など。

魚座のキーワードに比べると、かなり真逆です。
これは、これまでの「曖昧さ」が「明確になる」ことを意味します。

目に見えない枠組みや束縛に意味はなくなり、個性と自由性が尊重されます。
組織は個人の自立の基に同じ価値観、同じ興味をもつ者のコミュニティへと変わります。
科学は物質的なものから精神的なものへと発展していき、これにより目に見えなかった世界がリアルに体感できるようになります。
奉仕は人類全体への博愛の意識となり、本当に自分を救うのは自分自身なのだという、本来のスピリチュアル性に気付きます。

水瓶座の時代では魚座の時代でうやむやにされていたことが、はっきりとしてくる。
その為、今まで信じてきた古い価値観や意識をぶっ壊す、そんな出来事が起こるのです。

いま世界的に猛威を奮うパンデミックは、まさにこれです。
人類の意識と価値観を根底から変えつつあります。

気付く人は気付くでしょう。
これまでの常識が変わりゆくことを。
そして進化した私たちの思考が元に戻ることは、二度と無いのです。



地球の覚醒

2万6.000年毎に訪れる水瓶座の時代は人類にとってはこれが5回目で、スピリチュアルでは特別なタイミングでもあるようです。

この宇宙の全ての本質は「循環」と「進化」にあります。
サイクルのなかで進化し続けるスピリットたち。
それは地球のスピリットも同様で、いつも進化の期を伺っています。

地球はこれまで3次元を象徴する惑星でした。
3次元を体験したかった私たちの魂には、とても好都合な惑星です。
これまでも地球にはアセンションのタイミングが何度か訪れましたが、失敗に終わりました。
惑星のアセンションには、そこに住む者の意識、創造力が強く関係するからです。
そこに住む者の精神性がとても重要なのです。

しかし、今回の地球の決意はこれまでとは少し違います。
今回こそは何が何でも次元上昇すると、コアで決めています。
なので引き留めようものなら、全身を使って抵抗してくるのです。
それは天災という形で起きるかもしれません。

ともあれパラレルワールドの世界ではこれにより、3次元の地球と5次元へとアセンションした地球の2極化が始まります。
それに伴い人類の意識にも2極化が始まり、自分の信じる世界へとパラレルシフトしていきます。
同じ地球に居ながら3次元と5次元、違う次元に生きると言われてもなかなか理解しがたいことです。
それでも一端次元が分かれれば、お互いの世界が交わることはもう無いのです。

人類は滅亡するのではなく、新たなステージへと移行します。
自分に起こることの責任は、もう社会や他にはありません。
個人の選択の上にあります。

2.200年の時代の節目に遭遇できたことはとてもラッキーではありますが、反面とても大変なことでもあります。
例えこの変革の渦中人間としての生が尽きたとしても、そこを選んで生まれてきた私たちのスピリットにはきっと意味があるのです。

地球とともに過ごした体験が、私たちスピリットのこれからの進化に繋がっているのだと私は思います。





-宇宙

執筆者:

関連記事

宇宙と地球と人を繋ぐエネルギー!太陽のサイクルと影響力!【宇宙カレンダーその1】

この世はミクロの世界からマクロの世界まで、ある一つの法則で成り立っています。 回転、循環、サイクルの法則。 全てのエネルギーはこれら巡りによって生まれ保たれています。 私たちの地球もその一つ。 自転し …

カテゴリー

はじめまして。

管理人のミルベルと申します。

波乱万丈の人生で辛い時迷った時、探し求める答えはいつもスピリチュアルな世界にありました。

分からないことを調べること、知らないことを知ることはとても楽しく人間だけに与えられた特権のように思います。

当サイトでは興味ある対象をスピリチュアル観点を交えながら、探り調べていきます。