思い見る、調べる 成幸スピリチュアル

目で見えないもの、未知の場所、スピリチュアルな世界に人を成幸へと導くヒントがある。

未分類

食べ物の波動を知る。スピリチュアルな食べ方改善

投稿日:

食べながら痩せたい!食べてもリバウンドしない3つの食べ方改善では、
太る仕組みやリバウンドしないダイエットなど人体に健康的な食べ方を見ていきましたが、ここではスピリチュアル的な見方で心の食として探っていきたいと思います。
 

スピリチュアルな人は「食べ物を波動で選ぶ」

生命の波動

この世のものは全てエネルギーで出来ていて「波動」があります。
スピリチュアルの世界ではお馴染みの「波動」ですが、もちろん食べるもの一つ一つにも「波動」があります。
なのでスピリチュアル的な見方をすれば私たちの食事は、物のエネルギーをその波動を頂いていることになります。

食べ物の波動は心身に深く影響を与えます。
良い波動の物を食せば良い影響があるでしょうし、低い波動の物を食せばやはりその影響も少なからずあると思います。

では良い波動の食べ物とは何でしょうか。

それは自然の恵みです。

この地球の豊かな大地と水と太陽で育った、穀物.野菜.果物.木の実やきのこなどです。
そして地球の8割を占める海で育つ海藻や貝.小魚。
海水から作る自然塩も海の恵みです。

自然が生み出す生命の波動です。

現代では日持ちを長くするなど利便性や合理性から農薬栽培が当たり前で、色々な添加物が使用されている食品が多数あります。
科学の発達で人の寿命は延び生活も便利になりましたが、人に影響を与える食事の波動としてみると人工的科学的な物、自然と相反する物の波動は低いものになってしまいます。

自然のなかで育ったもぎたてのトマトは見るからに素晴らしい波動を感じます。

食肉の波動

では私たちが食する「お肉」の波動はどうでしょうか。
食肉には主に牛、豚、鶏、魚とありますが一様に死肉となります。

犬や猫などペットを飼った経験のある人は動物にも感情があることを
何となく理解されていると思われます。
そして健康な状態でいきなり殺される動物のその時の恐怖や悲しみ苦痛は
私たち人間にも察するものがあります。
私たち生き物は極度に緊張や興奮をするとアドレナリンという脳内物質が出ます。
それにより命の危険に出くわしたとき、今まで出したことのないような未知の力を出すことが出来ます。

いわゆる「火事場のバカぢから」です。

野生動物の番組などでライオンに追われているシマウマがいよいよ捕まるというとき、信じられないくらいの力を出すのを見たことがないでしょうか。
渾身のキックでライオンを蹴り殺してしまうくらいの力です。
生き物は死を前にするとそれだけ必死になるのです。
それは生存本能でもあるでしょうし恐怖からかもしれません。
人間的感情で言えば「死にたくない!」と必死に逃れようとする思いかもしれません。

私たちの食卓に並ぶお肉にはそんな死を前にした生き物の波動があることを、忘れてはなりません。

と、何となく気分が重くなりましたが、スピリチュアル的な見方をするとそれは目を背けてはいけない現実にも思われます。



スピリチュアルな人は「お肉が不味くなる⁉」

スピリチュアルを語られる方で肉食を禁止されている方は多いと思います。
禁止される理由の一つにはやはり上記のような「動物が死に直面した時のマイナスの波動」を自分の体に入れることへの抵抗感があるでしょう。

そして「家畜」に対しての考え方です。
生命というものは神様のものであって人が食べる為に操作する権限は無いというのは、スピリチュアル的に一番の理由だと思います。
しかしスピリチュアルを語られる有名な方のなかでも「お肉は食べます」と答えている方も居ます。

私はスピリチュアルな話が好きですし信じていますが、お肉は普通に食べていました。
それが6年ほど前、牛肉と豚肉が食べられなくなりました。
理由は2つ。
ある屠殺現場の映像をみてショックを受けたことと、その同時期に読んでいた「日月神示」の内容に「四つ足(の動物)は食べてはならない」という記述があったことからその影響を受けたのです。

牛肉と豚肉の食感が何となく気持ち悪くなり美味しく感じなくなりました。
けれど鶏や魚は食べるというベジタリアンもどきでしたが、エキスが入っているだけでもダメで原材料のチェックは欠かせませんでした。

しかしそんなベジタリアンもどきも4年ほどで終わりました。
以前よりは食べる量も頻度も減りましたが今は気持ち悪いという感覚や抵抗感は薄れています。

スピリチュアルでは「自身の霊性や波動が高まれば自然にお肉が欲しくなくなる」と言われます。
自身の霊性と同じ波動のもの」しか受け付けないということでしょう。
そして霊性が高まれば小食になっていくようです。
その考え方で言うと、お肉を美味しいと感じなくなった数年前の私は霊性が少し高まっていたのでしょうか。
そして現在お肉を食べれるようになった私の霊性は下がってしまったのでしょうか。

私自身「お肉を食すこと」を続けるかどうか今はまだ分かりませんが、これからの自分の考えと感覚に任せようと思います。

 

スピリチュアルな人は「命に感謝して食べる」

私たちがスーパーで目にする食肉は綺麗にカットされ並べられ、客は出来る料理は思い浮かべても元の姿を思い出すことは無いでしょう。
出来上がった料理になると、それこそ食欲しか湧いてこないと思います。

またお肉を食べだしたとは言うものの、やはり家畜たちの現実と屠殺の実態を見ると悲しくなります。
スピリチュアルとか波動とか云々関係なしにしても本当にそこまでして食べる必要性があるのか、と自分に問いかけます。
それだけ現場は悲惨な光景です。
しかし罪悪感を持ちながら頂いても罪の波動を出すだけです。

医学では長年の調査で「お肉の脂肪分を多く採っている人の方が健康で長生きする」という結果がでたそうです。
何を信じ何を必要とし選択するのか、それは個人の自由です。

しかし少なくとも私たちは頂いている生命のことを決して忘れてはいけないし、また自分に与えてくれた一つの尊い命に対して心からの感謝の念をもつことは、人間にとって大切なことだと思います。



最後に

スピリチュアルと一言で言っても、解釈や考え方はそれぞれです。
本当に知りたいという気持ちがなければ理解されにくいことも多々あります。

そして日本ではスピリチュアルなことを語ると「どこぞの宗教か」とまだまだ思われがちです。

食について特に食肉に対してのスピリチュアルな考え方にも賛否両論あるでしょう。
しかし食事や食べ物に感謝することを否定する方は居ないと思います。

感謝の波動は全ての悪感情を浄化する力があります。
そして人の心と身体を癒す一番の栄養ではないでしょうか。

 

 



-未分類

執筆者:

関連記事

見えない「心」の在りかとは

「心を込めて歌う」 「心無い言葉」 「心を読む」などと 「心」とは人の思考や感情の様を表現しています。 しかし誰もこの心を目で見ることは出来ません。 それなのに何故かあると確信しています。 この見えな …

宇宙人が関与していたかもしれない⁈人類起源と古代文明の謎

人類の進化にはダーウィンの進化論が有名ですが「人間は猿から進化した」というもので、基本的に「猿」→「猿人」→「原人」→「旧人」→「新人」の進化過程がその説です。 今まで当たり前のように信じられてきた進 …

理想が現実になる⁈パラレルワールドの存在

パラレルワールドという言葉をご存知でしょうか。 おそらく一度や二度は聞いたことがあるかと思います。 パラレルワールドについてウィキペディアでは ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世 …

自分の得意を仕事にする!童話「アリとキリギリス」で例える人を幸せにする働き方

「あなたがこの世界で生きていくために一番必要なものは何ですか?」 と聞かれたらあなたは何と答えますか? 家族や友達、ペット、健康な体…空気とかはちょっとひねくれた答えですが…まぁ色々あると思います。 …

令和から始まるスピリチュアルな時代 【都市伝説あり】

先日、5月の天皇即位に先立ち新しい時代の元号「令和」が発表されました。 日本中の人が注目したなか待ちに待った新元号、皆さんはどう感じられましたか? 元号に「令」という字が使われるのは初めてなのですが、 …

カテゴリー

はじめまして。

管理人のミルベルと申します。

波乱万丈の人生で辛い時迷った時、探し求める答えはいつもスピリチュアルな世界にありました。

分からないことを調べること、知らないことを知ることはとても楽しく人間だけに与えられた特権のように思います。

当サイトでは興味ある対象をスピリチュアル観点を交えながら、探り調べていきます。