思い見る、調べる 成幸スピリチュアル

目で見えないもの、未知の場所、スピリチュアルな世界に人を成幸へと導くヒントがある。

引き寄せ

なぜ頑張れば頑張るほど引き寄せられないのか⁈逆引き寄せしてしまう原因と対策

投稿日:

2006年に公開された映画「ザ・シークレット」でその名を上げた引き寄せの法則
またエイブラハムやバシャールといった高次の存在が多くの人に認識されています。
これら高次の存在たちが教えてくれる引き寄せを中心とした、見えない世界の仕組みや真実。
ひと昔前までは到底受け入れられなかった内容が、いまは体感として納得される人が増えています。

私が引き寄せの法則を知ったのは、今から30年も前のことでした。
家にあった一冊の本に魅かれたのですが、そこには感謝日記をつけることで願いが叶うと書かれていました。

  • 一日の出来事から出来るだけたくさんの感謝を見付けだす。
  • 願望実現したときの自分を想像して感謝する。

これらの感謝を毎日の日記にするというものでした。
その頃の私の願いは
「とにかく持病から解放されたい!楽になりたい!」
三日坊主がお得意の私でしたが1か月くらいは続けたと思います。
けれど私の現実は何も変わりませんでした。
解放されたいと願いながらもいつも目の前の現実に一喜一憂する。
頭では理解していたつもりが心では信じていなかったのです。

引き寄せの成幸者たちは
「この法則を正しく理解して信じきることが出来れば願いは必ず実現する。」
と言います。

しかしそう言われても目の前の現実と望む理想にギャップがあればあるほど、目に見えない世界を信じるって難しいですよね。

  • これまでもたくさん願ってきているのに現実が変わらない。
  • 望むものを願えば願うほど引き寄せられず、反対に望まないことばかりが現実化してしまう。
  • 頑張れば頑張るほど負のループにハマってしまう。

そんな逆引き寄せについて、原因と対策を探ってみたいと思います。

アソシエイトとデソシエイト

NLP(神経言語プログラミング)心理学で言われる用語で、アソシエイトデソシエイトというものがあります。

アソシエイトとは現象に感情を一体化する。
自分の身に起こっていない物事を主観的にみて、その臨場感を自らが味わっている状態。
デソシエイトとは感情を切り離して客観視する。
自分に身に起こっていない物事に対して距離を置いて冷静に判断できる状態。

願望実現を引き寄せるためには、その願望に対して自分がどれだけアソシエイト(主観視)出来るかが重要になります。

それなのに私たちは自分の願望やポジティブなものにはデソシエイト(客観視)してしまい、反対に望まない事ネガティブなものにはアソシエイト(主観視)してしまう、という矛盾が多々あります。



心配はデソシエイトするべし

子供のころ
「夜中に口笛を吹くと蛇がでる」
「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」
などの言い伝えを聞かされた人も居るかと思います。

夜中の口笛は近所迷惑ですし電気のない時代うす暗いなかでの爪切りは危険なので子供への躾の一つだったのでしょう。
もちろん迷信なのですが、子供にとって親の言葉は真実なので何とも恐く感じます。

当たり前のように代々受け継がれてきた恐怖心をあおる躾法。
効き目があっても幼い子供にとってそれはただの恐怖でしかないのです。

子供に限らず人をコントロールするのに最も有効なのが恐怖と不安を抱かせること。
アソシエイトした強い恐怖や不安は心の奥底に体験として残ります。

私たちは学校や職場、またテレビやネット情報からも知らず知らずのうちに恐れや不安を植え付けられコントロールされています。
恐怖や不安に対してアソシエイトしてしまうのもある意味仕方がないことなのかもしれません。




恐怖や不安といった感情からは、少しでも心身のダメージを減らせるようにと防衛本能が働きます。
そして精神的ダメージを回避するために人間の心が行うこと。
それが心配することなのです。

ある2つの悲劇的ニュースを見たとします。
一つはアマゾンの奥地でワニに襲われた人のニュースです。
痛ましい事件ですが、日本に住む自分に起こることは考えにくいので客観視するでしょう。
もう一つは交通事故のニュースです。
日本での交通事故は今や他人事ではないくらいの頻度で起きています。
特に交通量の多い地域なら、もしかしたら自分や家族にも起こり得るかもしれないと主観視してしまう人も多いと思います。

自分の身近に感じるほど起きてほしくない現実と思えば思うほど、そういった出来事から回避するために心で何度も想像しては心配してしまいます。

するとどうでしょうか。

想像にも関わらず心配というストレスから、脳内からは不安物質が放出され心も体も緊張状態に陥ります。
まだ自身に起きてもいない出来事に対してまさに臨場感を伴った状態です。
これがアソシエイトしているということです。

アメリカのミシガン大学の研究チームが調査したところ
『心配事の80%は実際に起こらず16%は準備していれば対応可能』
という結果が出されました。

私は心配性で何かとすぐに心配してしまいます。
96%心配ご無用なのにです。

だから心配したらまずデソシエイト(客観視)します。
そして不安や恐怖に陥ったらその感情を手放す、努力をします。
心配中にはなかなか難しいのですが練習あるのみです。(^^;

願望はアソシエイトするべし

では次に自分の願望を想像してみます。
人それぞれ色んな願望があると思いますが、現実とはかけ離れた大きなものを願っている人もいるでしょう。

毎月10万円を稼ぐフリーターがいます。
願いは高所得。億万長者です。笑
毎月10万円を稼ぐ彼は、どれだけ稼ぐ自分を主観視することができるでしょうか。
毎月100万円を稼ぐ自分を臨場感をもって主観視することができるでしょうか。
もし100万円が出来たとして毎月1000万円ならどうでしょう。
まず毎月1000万円をどうやって稼ぐか、考えるだけで現実味が無くなるかもしれません。
現実味がないものにはやはり客観視してしまうのです。

願望もさっきのニュースのように現実の自分と似ている環境や状況のものだとアソシエイト(主観視)しやすいのですが、現実とのギャップがあればあるほどデソシエイト(客観視)してしまいがちなのです。




大きな願いを叶えるにはまず、自分の環境や状況を願望に出来るだけ近づけてアソシエイトしやすくしなければなりません。
でもそれが難しいからなかなか上手くいかないのですよね。
なので現実的な環境や状況を近づけることが無理なら、先に目に見えない意識のなかにあるギャップを埋めていきます。

  • 理想を実現している人の話や著書から考え方を学ぶ。
  • 習慣や行いで自分にも出来ることがあるなら真似をする。
  • 欲しい物を何度も見て意識する。
  • 出来るなら現実に触れる。

願望に関係することに何度も何度も触れることで、脳はそれが自分にとって身近なもの当たり前のものと錯覚します。
身近なもの、当たり前のものには現実味が出てくるのでアソシエイトしやすくなるのです。

そして願望を臨場感をもって味わうことができれば、それはもう夢ではなくリアルな目標になるでしょう。

願いが叶ったときの3つの共通点

30年前信じきることが出来なかった引き寄せの法則を、私はエイブラハムの教えに出合うまで忘れていました。

そんな私がいま振り返ってみて気付くのが、私にも奇跡と思える願望実現体験があったことです。
実現した大きな奇跡は2つ。
そしてその願望実現にはある3つの共通点がありました。

1 背水の陣(覚悟をもって事にあたる)

私にとってそれは背水の陣ともいえる状況でした。
背水の陣とは
「後がなく逃げることもできない絶体絶命の状況。覚悟して事にあたる」
といった意味です。

そんな精神状態だったので望まない状況にどっぷりとアソシエイトして身と心を緊張させては、望む願いにはデソシエイトしてしまうという悪循環に陥っていました。

自分の思考が自らを苦しめているだけだと気付きながらも、止められない日々に疲れ果てていました。
それでも逃げることの出来ない状況に、私は覚悟を決めるしかなかったのです。

2 手放す

私はこの状況が死ぬほど嫌だけれど、どうしても自分に必要な経験なら必ず乗り越えられるよう神さまが助けてくれる

捉われ続けていた恐怖や不安、執着を手放すとスッと心が軽くなりました。
すると身体の緊張が解れ、何ともいえない安心感と感謝の気持ちで胸がいっぱいになったのを覚えています。

エイブラハムは
「恐れ、不安、心配は目の前の望まない現状を自分の力で何とかしようとする抵抗であり、そうすればするほど望まない現状を認めることになる。
それは川を上流に向かってオールを持って自力で舟を漕いでいるようなものだ。
オールという抵抗を手放して、魂の源(エイブラハムの言葉ではソースという)からの流れに身を任せたとき自ずと願望が具現化する。」
と言っています。

まさに私の叶った大きな願い事2つ目の共通点は、何が何でもの執着と恐れに抵抗するのを止め手放したこと。
神さま(源からの流れ)に身を委ねたことです。
そうすることで自分が生かされているという安心感と感謝で心が満たされたのでした。

3 インスピレーション

その数日後ふと頭の中で「願いが叶った」という言葉にもならないような直感がありました。
その直感は不思議な感覚で、そこに疑いや否定はなく確固たる安心感がありました。
そして程なく願いは実現されたのです。

3つめの共通点は、願いが叶う直前のインスピレーションのような予感です。

ワクワクのエネルギーに乗る

エイブラハムやバシャールが教えてくれる願望実現でよく言われる

「自分がワクワクするものにフォーカスする」
「ワクワクした気持ちを大切にする」

ワクワクの気持ちはその行動や願いが本当に自分が求めているものなのか、それとも怒りや焦り、嫉妬など他人からの導きによって起こる願いなのかを見極めるのにとても役立つと教えてくれています。




どんなエネルギーにも慣性が働きます。

自転車なんかを例えると分かりやすいですが、最初の漕ぎだしには大きく踏ん張る力が必要です。
しかし一度スピードがつくと後はハンドル操作だけで力の入れ方もかなり楽になります。
そして止めようと思ってブレーキをかけても直ぐには止まりません。

それは現実を創造する思考エネルギーにも言えることで、私たちが出す創造のエネルギーも最初こそ大きな力が必要ですが一度乗ってしまえば良くも悪くもなかなか止まらない、という性質をもっています。

だからこそいつも自分の願望を創造する良いエネルギーに乗っていなければなりません。
その見極めとしてワクワクした気持ちが大切なのです。

毎日自分が何にワクワクするのか、意識してみるとだんだんと迷いがなくなります。
本当の自分が行きたい場所へと導いてくれます。
たとえワクワクに従った結果がどうであろうと、他人からどう思われようと今の自分にとって最善の道なのです。

エイブラハムはまた
「今の自分には難しいと思えることでも、心から湧き上がる自分のワクワクを信じて恐れを手放していれば必ず願望は実現する」
と教えてくれます。

それでも現実化しないのは今の現実が自分にとって居心地が良いということなのでしょう。
慣れ親しんだ人や環境が変わったり今までの行動と違うことをするとき、また新しく何かに挑戦するときには誰でも少なからず怖さや不安がでてきます。
これをコンフォートゾーンといって自分が安心できる、楽でいられるゾーンのことです。
このゾーンから抜け出すことで成長と人生の可能性が広がるといわれます。

お金。
健康。
素敵な恋人。

成幸するためにワクワクする願いは人それぞれですが、ワクワクしていても何もしなければそれはただの夢です。
夢を現実にするにはやはり行動が必要です。
自分のコンフォートゾーンから出るためには大きな勇気がいりますが、ワクワクがその原動力になってくれます。

恐さや不安があっても、ワクワクする気持ちの方が強ければ人は行動します。
現実を変えたいと思いながらも動き出せないのは、今の現実の方が自分にとって都合が良いのかもしれません。




「お寿司が食べたい」
「旅行に行きたい」
「新しい靴が欲しい」
日常にもワクワクする願いはたくさんあります。
ささやかな願いも私たちはそのワクワクを原動力に使って実現させます。
日常的な願望実現は疑いなく当然のように行動できるのに、大きな願望には尻込みしてしまう。
大きな願望にはそれだけ大きな原動力が必要なのですね。

行動してこその原動力。
行動に繋がらないのであれば本当の意味で心からワクワクしていないのかもしれません。
そしてもしもワクワクの気持ちが原動力になるのなら、誰が何と言おうとその道が自分にとっての正解です。

どんな願いも本質は、自分の人生を心から楽しみ気分よく生きることなんだと思うのです。
そしてそれは誰でもない自分を信じて行動するしか手に入らない。

私はそんな自分軸の在り方が本当の幸せを引き寄せるのだと思います。



-引き寄せ

執筆者:

関連記事

アセンションする人の次元意識

アセンションとは次元上昇という意味なのですが、21世紀に入って私達の住む地球の次元が上昇していると言われています。 それにともない私達人間も,意識においてアセンションするようです. しかしそれを知って …

言霊のちから

目次 言霊(ことだま)水も植物も良い言葉が大好き言葉の波動感情を上書きするまとめ 言霊(ことだま) 言葉一つ一つに宿る霊的な力で、良い言葉は良い言霊悪い言葉は悪い言霊となり、良い言霊は良い現象を悪い言 …

カテゴリー

はじめまして。

管理人のミルベルと申します。

波乱万丈の人生で辛い時迷った時、探し求める答えはいつもスピリチュアルな世界にありました。

分からないことを調べること、知らないことを知ることはとても楽しく人間だけに与えられた特権のように思います。

当サイトでは興味ある対象をスピリチュアル観点を交えながら、探り調べていきます。